木曽馬の里
木曽馬は、北海道の道産子、宮崎県の御崎馬とならぶ、日本在来馬です。農家の重要な労働力として、子馬時から家族として大切に育てられた木曽馬は、温厚で人なつこい性格です。粗食で雑草を食べても働くので、飢饉のときも農家の大切な一員として大切にされました。絶滅寸前の状態から木曽馬保存会によって現在全国に160頭、木曽地域には60頭に増やすことができました。
 九蔵峠下の展望台
今回のコース唯一の展望台です。これまでは、御岳山麓の山深いコースを走ってきましたが、開田高原まで来ると、御嶽山を正面から見ることが出来ます。ちょうど車を停車させることができる場所で、御嶽山をご覧下さい。
 御岳絶景ポイント
御岳ブルーラインを上ってくると、2番目に出会う場所かこの場所です。牧草地が手前にあり荒らさないように、御嶽山を撮影しました。
 御岳ロープウエイ
開田高原からみる御嶽山は、主峰剣が峰から継子岳へと山頂の山々が全て見渡せます。そのちょうど真ん中あたりに御岳ロープウエイがあります。標高1570mの山麓鹿瀨駅からゴンドラに乗ること約10分、2,150mの山頂飯盛高原駅に到着です。ゴンドラの車窓からは、中央アルプス、北アルプスと乗鞍岳、そして正面に御嶽山の山頂の峰々が広がります。飯盛高原駅の周辺はまさに紅葉の真っ盛り。ナナカマドの赤とダケカンバの黄色がハイマツの緑の中で輝いていました。
教会霊場から見る御岳
観光情報にはない御嶽山ビューポイント。大きな鳥居の向こうに白く雪を頂いた御嶽山に出会いました。唐松の紅葉と、青い空と白く冠雪した御嶽山が見事でした。
霊峰ライン 日の出滝へ
いわゆる霊峰ラインと呼ばれるコース。歴史ある御嶽参拝の黒沢口登山道に沿って進んで行きます。三岳の里宮からしばらく行くと、山の間にこれも霊峰乗鞍岳が見えてきます。開田高原への分岐を過ぎると白く冠雪した御嶽山が正面に見えてきます。白く輝く山頂はまさに霊峰。その後コースは日の出滝から中ノ湯へ。以降のFilmでレポートする場所を紹介しながら登って行きます。
 田の原天然自然公園
園田の原天然自然園は、御嶽山6合目、標高2180m。手前の三岳山と正面の御嶽山に挟まれ、とても6合目とは思えないほどの広さがあります。園内にはハイマツが生い茂り、そのあちらこちらにナナカカマドなどの紅葉を見ることができます。そのまん中を王滝口登山道が真っ直ぐに御嶽山に向かって伸びています。
 田の原公園 展望台
登山道からハイマツの間を縫うように造られた木道を少し行くと、御岳山麓を見渡す展望台があります。田の原天然自然園の西のはずれにあるこの展望台は、倉越高原を見下ろし遙か中央アルプスから八ヶ岳、北アルプスの穂高岳から乗鞍岳の裾野までを見渡すことができます。
 御嶽神社 新滝
落差30mのこの滝は、御嶽の修行として知られている。手前には水垢離のための小屋があり、ここで着替えて、滝に打たれる。駐車場から、参道を登り約10分。滝の上に広がる紅葉が綺麗でした。
 自然湖
御嶽山8合目あたりから崩れた土砂が土石流となって王滝川に流れ込み、その上流に作られた湖です。水没樹林が湖面に残り、神秘的な湖です。澄んだ水に、ニジマス、イワナの群れを見ることができます。この山の中の湖はカヌーで巡るのが一番。歩いては近寄れない場所も、カヌーだったら簡単に行けます。オニユリの群生する崖は、カヌーでしか見に行くことができません。申込みは、おんたけアドベンチャーで。
 王滝川の紅葉
王滝川を滝越地区に入る途中にある紅葉です。大きな岩場の渓谷。王滝川の水辺から見事な紅葉が中腹へと続いて言います。
 御岳湖から王滝村へ
赤沢自然休養林に続いて、次の深山の入口です。牧尾ダムの左側を通り、カーブの少ない御岳湖畔の道路を走ると、御岳山が見えるビューポイントがあります。そこからの紅葉と白く冠雪した御嶽山は見事でした。フィルムの後半にあります。
 赤沢自然休養林
樹齢300年の木曽檜が林立する公園。園内には木曽の山林で活躍した森林鉄道が保存されており、渓流沿いを沢の奥まで往復している。行きは森林鉄道、帰りは呑曇淵などで涼みながら渓流沿いを歩いて来るのもお勧め。夏休み期間中は、渓流プールもオープン。子どもたちの歓声が森に響き渡る。
峠から南アルプスを望む
しらびそ峠からは、さえぎる物のないパノラマ。南は茶臼岳から、北は赤石岳まで残雪の残る南アルプスの稜線を見渡すことができます。
 しらびそ展望台
五月晴れのハイランドしらびそ。駐車場から中央アルプスも見ることができます。広場の端にある小高い丘が展望台になっています。白樺と南アルプスがいいバランスで見ることができるこの丘が、南アルプスのベストビューポイントではないでしょうか。
 晴天の陣馬形山
2008年5月。見事に晴れ上がった伊那谷を撮影することができました。この景色を前に何も言うことはありません。ただただ見渡すだけでした。

中央構造線バードビュー
諏訪湖から和歌山市へ

中央構造線は、日本を九州まで縦断しながら、浸食による様々な地形を形作っています。その地形を中央構造線博物館の河本さんにひいて頂いた構造線を元に、GoogleEarthでたどってみました。日本列島を縦断する中央構造線沿いをGoogleEarthのバードビュー映像で、糸魚川ー静岡構造線とクロスしている諏訪湖から始めましょう。

中央構造線バードビュー
徳島から長崎半島へ

和歌山市の紀の川河口付近から淡路島の南を通って四国に上陸した中央構造線は、吉野川がある沖積平野を作っていました。2500万年前の断層は様々なかたちにその結果を表しています。中国山地も中央構造線を境に南に広がり、豊後水道に突き出た佐多岬も構造線の南側に隆起したと考えられます。

 鹿嶺高原キャンプ場
はっきり言って穴場のキャンプ場。ブログレポも少ない。場内の草地も荒れていない。しかも標高1800m。南アルプスと、中央アルプスの両方が見える尾根のキャンプ場です。これで一泊500円は安すぎます。ただし場内は車の乗り入れ禁止。少し登りますが荷揚げが必要です。素晴らしいキャンプ場でした。
 高遠城址公園の夜桜
約1,500本のタカトウコヒガンザクラが咲き誇る高遠城址公園。大木が枝を伸ばしたその先に、少し大きめの桜の花が満開になるこの時期は、園内から空が見えないほど。空からみても、桜しかない小山にみえます。明るい空をバックにした昼間の桜と違い、照明に映える満開の桜は見事としか言いようがない美しさでした。
乗鞍岳第1 ViewPoint
ピーカンの午前中に乗鞍に到着すると、車から乗鞍が大変綺麗に見ることができます。乗鞍高原をドライブしながら次第に標高の高いところに登ってゆくと、乗鞍岳がチラホラ見えるようになり、初めてその全景を表すのがこのポイントです。
乗鞍岳第2 ViewPoint
善五郎の滝の駐車場です。カーブを曲がると正面にパノラマが広がり、駐車場を通過してヘヤピンカーブを逆方向に登ってゆきます。ここから先は、乗鞍岳に近づきすぎて乗鞍岳全景を見ることができません。
 番所大滝
板状節理と呼ばれる大きな断崖の端に、大滝があります。見事な高さと、流れ落ちの美しさは乗鞍でもっともうつくしい滝ではないでしょうか。滝のすぐ近くの展望台は、しぶきが飛んでくるような近さ。マイナスイオンをたっぷり吸って、見事な滝と紅葉をご覧下さい。
 戸隠連邦「鏡池」
戸隠連邦の麓にあり、戸隠連邦の山々を移し込む鏡池。戸隠連邦が 最も美しく見える位置にあります。