二本木の湯
飛騨街道にあるこの温泉は、旅人の湯治場として古くからの歴史があります。温泉は炭酸天然水を過温して湯船に入れていますが、温泉の注ぎ口からは加温していない源泉が注がれています。この炭酸は、体の毛細血管を開き全身の血流を良くする効果があります。
 小坂温泉
三岳と開田高原を結ぶ県道20号線のすぐしたにひっそりとある温泉。周りには、田んぼしかない1件屋。湯船もあまり大きくなく、窓から見える景色もこれといった物はないが、田舎の静けさが心地の良い温泉。薄く澄んだ鉄分の多い二酸化炭素冷鉱泉。程良い温度に暖められた温泉にゆっくりと浸かり、静けさを楽しむ温泉です。
 ホテル木曽温泉
御岳ブルーラインのスタート地点にある温泉です。登山の帰り、ドライブの途中に大変便利な場所にあります。平成20年から新しい源泉になりました。源泉温度45.2度、温泉成分の大変濃い温泉です。
 こもれびの湯
名古屋市民おんたけ休暇村の中にある天然日帰り温泉。泉質は、二酸化炭素を含む鉄冷鉱泉。9.9度の冷鉱泉を過温してあります。オレンジに近い茶色の湯船と一人桶タイプの露天風呂があります。露天風呂から見える森はまさに木漏れ日の自然林でした。
 王滝の湯
この温泉これぞ秘湯というロケーションです。窓から御嶽山見上げ、総檜の浴槽に浸かると、深山の静けさが伝わってきます。加温はしてありますが、混じりっけなしの天然温泉。浴槽のわきにコップがあり飲泉もできます。共同経営のため冬季も営業していますが、基本的に日曜祝日以外は休館しています。
 ハイウエイ温泉
このルートの最後にふさわしく、諏訪の温泉に立ち寄りました。しかも高速道路を降りずに、サービスエリアで諏訪の温泉を楽しめるのはここしかありません。東京方面の方々は残念ですが、諏訪ICから名古屋、北陸方面の方は、ぜひお立ち寄り下さい。東京方面の方は、諏訪IC手前の「アクアランド茅野」がお勧めです。茅野には、市営の温泉が他にも6カ所あります。アクアランドの入浴料400円もお得ですね。
 鹿塩温泉
大鹿村の鹿塩地区にある冷鉱泉ですが、強食塩泉です。海と同じレベルの塩分が含まれており、湯元山塩館では、明治まで続けられていた製塩を再開しました。海の塩ではなく「山の塩」を作っています。実際に入ってみると、トロッとした肌触り。混じりっけなしの温泉でした。旅館の前の渓流の美しさ、向かいの山の緑がドライブの疲れを癒してくれました。

乗鞍温泉「湯けむり館」
硫黄単純泉で乳白色の温泉です。内湯は床まで木で作られた、大変暖かみのある温泉です。露天風呂は、乗鞍山頂が見え、より白くなった湯船にゆったりと浸かって、旅の疲れを癒すことができます。暖炉のあるロビーも、広々としていて、ゆったりソファーが風呂上がりの心と体を癒してくれます。
 白骨温泉「泡の湯」
真っ白な露天風呂で有名な旅館「泡の湯」。露天風呂、内湯、飲泉場そして日帰り温泉棟も撮影してきました。露天風呂は混浴ですが、白い温泉のため、首から上しかみえません。白い湯船で顔が美しく見えるのではないでしょうか。本館露天風呂は、時間制限がありますから、時間を守って入りに行って下さい。時間は映像でご案内。
白骨温泉共同露天風呂
白骨温泉の入り口にある、露天風呂。急な階段を、渓谷の川の近くまで降りてゆきます。周りは仰ぎ見る断崖。そこを川がトンネルを造って流れてゆく「隧通し」も反対の側から見ることが出来ます。
 みみずくの湯
白馬には7件の温泉がありますが、ここは正真正銘の天然温泉掛け 流し。シャワー用のボイラーしか設備としてありません。八方尾根 の町の中にある温泉もいいのですが、町から外れたロケーションだ からこそグットなのです。露天風呂から眺める北アルプスは最高です。